記事一覧

スーアンダーカバー 2021-22年秋冬コレクション - パッチワークで作る二面性

スーアンダーカバー(SueUNDERCOVER)の2021-22年秋冬コレクションが発表された。シーズンテーマは「MIXED CRUSADER」。

異なる素材をはぎ合せて1着に


今季のスーアンダーカバーは、パターンごとに大きく素材を変えたり、異なる生地をはぎ合わせて1着に仕上げたりなど、様々な仕様でパッチワークを取り入れたコレクションを展開。ストライプ柄やチェック柄など複数の生地で構成したシャツや、シースルー素材と厚手の生地を組み合わせたワンピースなどが揃う。


特に印象的だったのは、前後で異なる表情が楽しめるように生地を組み合わせたアイテムだ。袖口にシャツのようなディテールを施したニットは、フロントには落ち着いたネイビーを、バックには爽やかなライトブルーを採用。カジュアルなデニムスカートは、後ろを振り返るとクラシカルなタータンチェック生地が顔を出し、温かみのある表情を見せてくれる。

立体的な“蝶モチーフ”が目を引くブルゾン


異なる素材を組み合わせてエッジを効かせたコレクションの中で、スーアンダーカバーらしいフェミニンなムードを放つのは蝶モチーフやフリルだ。羽根の模様まで刺繍で丁寧に表現した立体的な蝶モチーフは、光沢感のある生地で仕立てたブルゾンにセット。ラフなワイドパンツと組み合わせることで、チャーミングな蝶モチーフを際立たせた。

フリル付きモッズコートやシャツワンピース


ロマンチックなフリルはコートやワンピースに登場。ストライプ柄の生地をドッキングさせたメンズライクなモッズコートには、袖口や前身頃の合わせ部分にフリルを配してガーリーな印象に。端正なシャツワンピースには、胸元に立体的なフリルをあしらうことでエレガントなムードをプラスした。