記事一覧

アニエスベー 2020年春夏ウィメンズコレクション

ファイル 10-1.jpg

アニエスベー 2020年春夏ウィメンズコレクション - エスプリの効いたフレンチシックは永遠に

アニエスベー(agnès b.)の2020年春夏ウィメンズコレクションが、2019年9月30日(月)、フランス・パリで発表された。メンズとの合同ショーである。

女性の日常に寄り添う服

今シーズンも、現代を生きる女性が洋服を身に纏う様々なシーンを想定し、ブランドが得意とするフレンチシックなスタイルを展開。ショー序盤には、ブラックをベースにオレンジを効かせたアクティブなスポーツウェアや、レザーのジレをレイヤードしたマスキュリンなジャケット&パンツのセットアップなどを提案した。


終盤に姿を現したのはブランドのアイコニックなフレンチボーダーTシャツを取り入れたミリタリーなサファリルックや、身体のラインを美しく見せてくれるビビッドピンクのドレス。テイストは様々だが、女性の日常に寄り添ったデイリーウェアであること、アニエスベーらしいエスプリの効いたエレガントなピースであることが共通項だ。

プリント&パターンで遊び心を

アニエスベーを象徴するプリントシリーズからは、テーブル&チェアを置いた庭を切り取ったかのようなモノトーンのドレスや、鮮やかな街並みを映したロングスカート、波に揺られてきらきらと煌めく水面のトップスなどが登場。終盤に顔を出したウエディングドレス風のホワイトドレスには、18世紀に使われていた陶器の破片を散りばめている。


洋服の上に乗るパターンも多種多様。地図を描いたスカーフのようなテキスタイルで仕立てたワンピースや、グラフィカルなキャミソールトップス、アフリカンプリントのトートバッグなどがランウェイを彩る。

https://abtmom568.tumblr.com


https://faceka614.wordpress.com