記事一覧

HERM_;S 2020年9月末四半期報告書

2020年10月22日、パリ、エルメスの第3四半期の回復成長(固定為替レートで7%増)は9月末までで、売上高は43億ユーロ(固定為替レートで14%下落)だった。

第二四半期の健康と経済危機を経験した後、第三四半期の売上高の回復(固定為替レートでの増幅率は7%で、現在の為替レートでの増幅率は4%です)は、グループの店舗の活躍(固定為替レートでの増幅率は12%です)のおかげです。

2020年9月末時点で、グループの総合収入は42.88億ユーロに達し、固定為替レートと現在の為替レートで計算しても14%下落した。

エルメスグローバル最高経営責任者Axel Dumas氏は、「2020年には、社会と環境に責任を持つ重大な戦略的コミットメントが認められ、使用方式とライフスタイルのデジタル化を目撃し、アジアの積極的な市場動向も見られた。未来は不安に満ちていますが、今日、これらの深遠で持続的な変化は私たちを自信に満ちさせてくれます。優れた業績を支えとして、引き続き投資し、職場を創造します。毎日こつこつと会社の発展に貢献しているすべてのエルメスチームに対して、心から感謝いたします。」
エルメス偽物時計コピー
2020年9月末の各地域の販売状況

(特別な説明がある以外は、すべて為替レートで計算します。)

2020年9月末までに、グループ店舗の売上高は11%(固定為替レートで計算)下落し、第3四半期は12%増加した。オンライン売上高は成長を加速し、勢いがますます強くなり、流量と転化率が急激に増加した。今年の9ヶ月前に、主に観光小売の影響を受けて、卸売業は35%減少しました。

•日本を除くアジア(+4%)の第3四半期は29%上昇し、好調だった。その原因は主に中国大陸、韓国、オーストラリアとタイの優れた表現です。中国香港とシンガポールの業務も向上しました。中国の香港、中国のマカオ、韓国が展開しているデジタルプラットフォームのおかげで、オンライン販売の伸びが堅実である。9月、中国の大連店は拡張と重装を実施しました。

•日本(-11%)は春季閉店の影響で第3四半期に強い伸びを見せていた(11%)。去年、日本の増値税が大量に増加しました。これに関連した購入の期待は基数より大きいですが、現地の忠実なお客様に感謝します。月には東京丸の内店をリニューアルし、9月には仙台店をリニューアルしました。大阪心斎橋区にも4軒目の店舗がオープンしました。

•8月にハワイ店が閉店し、アメリカ州(-29%)の第3四半期の小幅な下落を招いた。同じ月、コロラドのデンバー店が新店舗の跡地で営業を再開した。

•フランスを除くヨーロッパの他の地域は27%減、フランスは33%減、ヨーロッパはまだ旅行者数の減少による影響は出ていないが、一部は現地の顧客によってカバーされている。9月には、Vremena Godaが新店舗をオープンしました。これは20年前にStoreshnikov Laneで最初の専門店をオープンした後、エルメスがモスクワにある第3の専門店です。

2020年9月末の各製品部門の販売状況

(特別な説明がある以外は、すべて為替レートで計算します。)

皮具と鞍具の業務(-13%)は第3四半期に大幅に改善し、配送と持続需要の回復によって8%の成長を遂げた。生産能力は引き続き増加し、ジエナ(ジロンド県)とモンテロ(セーヌ?マエン省)の工坊は2021年に生産を開始します。また、ルヴィエ工坊(ウール県)は2022年に生産を開始し、ノルマンディーの生産能力を強化し、2023年にはアルデンヌ高地プロジェクトがあります。エルメスは、第二の生産拠点、つまり第22の皮具と鞍具工房をオーフランに開設すると発表しました。以上の工房は全部フランスにあります。エルメスは引き続きフランス本土の基礎を固めます。

各地区とも順調に仕事を再開し、グループのその他の業務も利益を受けています。第3四半期には、衣服とアクセサリー(-16%)の業務が好調に推移し、7%増加した。7月初めのメンズショーに続き、10月にパリテニスクラブで開催された2021年春夏の女装ショーが大成功しました。絹製品(-32%)の業務は第3四半期に比べて基数が大きく、観光小売販売が低迷しているため、不振を呈している。

香水事業も観光小売業の影響を受けて22%減少した。2月初めに発売された初の口紅シリーズが初戦で勝利した後も、美化粧は依然として優れています。腕時計(-8%)の3四半期の収穫はかなり豊富で、13%伸びた。エルメスの他の業務(+12%)は急速に発展しており、第3四半期は42%伸びています。Lignes Sensiblesのプレミアムジュエリーシリーズが9月末にリリースされました。

重大な事件

9月末現在、為替レートの変動は売上高に2200万ユーロのマイナス影響を及ぼしています。

今年の9ヶ月以来、エルメスグループは1.23億ユーロで168,780株のグループ株を買い戻し、流動性契約下の株式取引は含まれていません。

2020年の展望

新型インフルエンザの規模、持続時間、地域の影響範囲は毎日変化していますので、今回の疫病はグループ2020年通期の業績に与える影響の程度が予測できません。私達が高度に統合した技術モデル、バランスの取れた流通ネットワーク、そして製品の魅力と顧客の忠誠度は、未来に自信を持って、運営を回復させてくれます。グループは依然として積極的な参加度と活動度を維持し、定期的に状況を評価し、衛生と公共機関の措置によって適時に調整を行う。

独自のビジネスモデルに基づいて、エルメスは創造革新に基づく長期的な発展戦略を受け継ぎ、独自の技術と普及方式に対するコントロールを維持します。

手工芸の理念に対する誇りから生まれたもので、エルメスは2020年に非凡な道具(つまり両手)と内部職人の独創性を高く評価しました。このような結合こそ、エルメスの革新精神と「意匠・初心」に対する承諾を体現しているからです。

年度半ばには、世界経済や地縁、通貨市場の不安定性が強まっていますが、収益成長の面では、グループは固定為替レートをもとに大きな成長目標を定めています。