art-Link 上野−谷中 2013

主催企画

よみがえる 写真のチカラ

今年のアートリンクは写真のチカラを考えます。

デジタルカメラやスマートフォンの普及によって、私たちにとっての写真の意味が大きく変動しています。
デジタル化とネットワーク化が写真をどんどん身近なものにしてきました。誰もが写真を撮り公開できる時代です。
その一方で、フィルムにに象徴される従来の写真が稀少化され芸術化しているという状況があり、そのギャップは拡がりを増しているように感じられます。

写真は記録(記憶)なのか芸術(表現)なのかという問いは常に存在します。
アートリンクはその答えを求めるものではありません。むしろそのギャップ、振れ幅を楽しんでみたいと思います。
それによって、写真が持っているチカラが見えてくるのではないか、そんな風に思っています。

まちの記憶

ガイドマップにカメラマークのある会場・店舗の入り口付近にその周辺の1980年代の写真を展示します。

今はもうない風景、あるいは変わらぬ風景のなかに、まちの記憶がよみがえってくるでしょう。

エキュート上野内の通路にも1970〜80年代の上野・谷中の写真を展示します。

スライド上映会

10月4日(金)
詳細はこちら

「写真のチカラ」上映会とトーク

戦後日本の写真の基礎を築いた巨匠たちが登場するドキュメンタリー「十二人の写真家」を糸口に、現在活躍する写真家と評論家をトークのゲストに迎え、「写真のチカラ」について考えます。

上映会とトーク

10月13日(日) 要予約
詳細はこちら

トイカメラ探検隊

ちょっと懐かしくてキッチュなトイカメラ。デジタル全盛のいま、敢えてフィルム撮影に挑戦してみます。
プロのトイカメラマン雨樹一期さんを講師に迎えるワークショップです。

撮影会(3回)+講評会

10月5日(土) 各回要予約
詳細はこちら

写真展

10月20日(土) 〜 31日(木)
詳細はこちら