アイコンスタディーツアー「まちとアートのカンケイ」

罫線

Study Tour "Relations Between Town and Art"

アートリンクを舞台にリディラバがスタディーツアーをします。テーマは「まちとアートのカンケイ」――アートリンクにリンクするギャラリーをめぐり、オーナーさんやアーティストさんのお話しを伺います。そこでは、どうしてアートリンクに参加したのか、谷中でギャラリーを運営しているのはどうしてか、などいくつかの質問に答えていただきます。最後に一日を振り返るワークショップを開催します。このツアーを通じて、まちで開催するアートイベントの意味、そして未来、今後のアートリンクのあり方までが見えてくるかもしれません。

〜リディラバとは?〜
リディラバ(ridilover)は学生を中心としたグループです。この名の由来は”ridiculous things lover”(ばかばかしいことを愛する人)の略から生まれた造語です。リディラバは社会に対して「issue発信」ができる手法の確立と普及を目指します。これはリディラバのもっとも根本的な理念である「社会の無関心を打破する」という目標に対しての具体的な答えとして、「人々がお互いに問題意識を共有し、それぞれが主体的に社会の課題を掘り起こす社会をつくる」という社会の在り方をイメージしているからです。「issue発信型」のアプローチの模索の中でリディラバが答えとして見つけたものが「スタディツアー」という手法でした。「スタディツアー」とは、「ツアー」という旅の過程に「学び」の要素を含めて行うもので、現地での体験やワークショップ、事前の勉強会などをコンテンツとしてツアーの内容に組み込んでおり、この部分がこれまでの「一般的なツアー」との違いです。今回はアートリンクを舞台に、まちとアートがどのような関係を結んでいけるのか、どのような課題を抱えているのか、「学び」ながら、いっしょに考えていきたいと思います。


開催概要

会 期2011年9月24日(土)*少雨催行・荒天中止
時 間10:45 〜 19:00会場への集合は 10:30 です。
料 金参加料 1,500円 予約フォームはこちら要予約、定員15名
会 場09(株) クマイ商店+ケーズグリーンギャラリーKumaishouten+K's Green Gallery台東区上野桜木2-13-3
連絡先info@ridilover.jp
http://ridilover.sakura.ne.jp/
前の企画 次の企画
罫線