Event.

アイコン「ハーブ&ドロシー」アートの森の小さな巨人。

ハーブ&ドロシー

ハーブ&ドロシー・ボーゲル夫妻は、結婚直後1960年代から現代アートのコレクションをはじめます。夫のハーブは郵便局員、妻のドロシーは図書館司書。住まいはマンハッタンの小さなアパート。ハーブの給料を作品購入にあて生活費はドロシーの給料で賄います。

作品を買う基準はふたつ。
自分たちの収入に見合ったもの、アパートに入る大きさのもの。

当時無名だった作家たちはどんどん有名になり、彼らのコレクションの価値は高まり、メディア等で取り上げられるようにもなり、美術界では有名なコレクターになっていったのです。30年に及ぶコレクションは、アパートの部屋中いたる所に溢れかえり、ふたりは作品のほとんどをワシントンのナショナル・ギャラリーに寄贈します。

ハーブ&ドロシー・ボーゲル夫妻の写真

映画は多くの作家たちのインタヴューを織り交ぜながら、現在80歳を超えた夫妻に密着し、二人の人生に迫っていきます。

監督はこれが初作品となる佐々木芽生。


上映案内

上映日2010年10月17日(日) *終了しました
時 間第1回 11:00 〜 13:00 / 第2回 14:30 〜 16:30

*開場は各回上映時間の1時間前
*各回上映後に30分ほど佐々木芽生監督のトークあり

会 場東京国立博物館平成館大講堂

*会場入り口は、東京国立博物館 西門通用口

監督プロフィール

佐々木 芽生(ささき めぐみ)

北海道出身。日本の映画配給会社「東北新社」に勤務後、1987年に渡米。フリーランス・ジャーナリストを経て、NHKでキャスター&ニュースディレクター&レポーターとして、約4年間活躍。1996年に独立してからは、世界40ヶ国以上を取材で飛び回り、数々のテレビ番組の制作に従事。2002年に独自のプロダクション会社「Fine Line Media」を創設。初めて監督とプロデューサーを務めた「ハーブ&ドロシー」が、2009年にニューヨークを皮切りに、全米で公開された。
ニューヨーク在住。

「ハーブ&ドロシー」受賞歴

シルバードックス映画祭   観客賞
ハンプトン国際映画祭    ベストドキュメンタリー賞・観客賞W受賞
パームスプリングス映画祭  ベスト オブ フェストに指名
フィラデルフィア映画祭   観客賞
プロビンスタウン映画祭   ベストドキュメンタリー賞