インフォメーションinformation

イベントインフォメーション

花弦草

日時 2007年9月29日(土)・30日(日)
開場13:30開演14:00
場所 東京国立博物館庭園内茶室「応挙館」
料金 ¥500
主催 <art-Link上野−谷中2007>実行委員会
共催 (財)台東区芸術文化財団
後援 台東区
応挙館地図

※東京国立博物館西門(通用門)よりお入りください。
JR上野駅公園口より徒歩約10分、東京メトロ銀座線、日比谷線、京成上野駅より約15分。

花弦草

花弦草
予約方法

29日、30日分とも満席となり、ご予約を締め切らせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。

定員:各日60名/料金:1名¥500
9月10日(月)よりメールまたはFAXで以下のことをお知らせください。
  • お名前
  • ご住所
  • 電話番号
  • FAX番号
  • メールアドレス
  • 何日の公演を何人分
MAIL:oukyokan@gmail.com
FAX:03-3823-0918
当日問合せ:080-5518-7008

※ご予約は先着順となります。ご応募いただいた際は、予約の可否について必ずお返事させていただきますので、FAX番号またはメールアドレスを忘れずにお書き添えください。

出演
趙寿玉
韓国舞踊:趙寿玉 (ちょうすおく)

1987年より韓国重要無形文化財「僧舞」「サルプリ舞」保有者李梅芳に師事。1994年「サルプリ舞」履修者となる。2000年には全国11箇所にて開催された「韓国民族伝統芸能ツアー」に主要メンバーとして参加するなど、多くの公演やイベントに参加。最近は邦楽奏者との共演などジャンルを超えて活動中。

友吉鶴心

© 新潮社

薩摩琵琶:友吉鶴心(ともよしかくしん)

幼い頃より様々な伝統芸能を学び、22歳で琵琶奏者・鶴田錦史に師事、祖父の名跡を襲名。歌唱法、吟詠を坪田聖凛に師事。古典曲はもとより国内外で様々なジャンルとセッションを重ね、昨今ではサントリーホール20周年記念コンサートに出演するなど多彩に活躍中。

平野真敏
ヴィオラ・アルタ:平野真敏(ひらの まさとし)

R.ワーグナーによって奨励されバイロイトで活躍した幻の弦楽器「ヴィオラ・アルタ」の、世界でも数少ない独奏者。1999年、クロアチア共和国の名ヴィオラ奏者兼作曲家M.ミレティッチ氏による「ヴィオラ協奏曲」の40年ぶりの再演を果たす。紡ぎだされる音は「静かな情熱」と称され、奥行きの深い世界を形作り、聴衆を魅了している。

鈴木一琥

photo/ダイトウノケン

舞踊:鈴木一琥(すずき いっこ)

1997年よりパフォーマンスやダンスを開始、国内のみならず、ニュージーランドや韓国、シンガポール、イタリアなど海外でも精力的に公演、ワークショップを行なう。現在、日本の伝統芸能のひとつである神楽を学びつつ、舞踊の根源を探求している。<art-Link上野-谷中>には2003年より参加。「ヤナカヤガイ」シリーズを毎年上演している。

椿座
言葉語り:椿座(つばきざ)

1993年松本貴子・光定志づ江で結成。「言葉を語る」ということにこだわり、様々な詩歌、散文、時には意味をもたない言葉等を言葉語りする.2000年頃より場所の物語意識し、ガレリアキマイラ、千空間、Gallery ef 等で公演。今年は、2005年にコラボレーションした韓国舞踊の趙寿玉と10月に原初的な能舞台を予定。

台東区芸術文化支援制度について 台東区芸術文化支援制度

台東区芸術文化支援制度は、文化のまちにふさわしい魅力的な企画を公募し支援して いこうというものです。平成20年度以降の実施に向けて、台東区アートアドバイザーとともに検討を進めてい ます。
台東区文化振興課 TEL 03-5246-1153

   台東区アートアドバイザー
  • 池田卓夫(日本経済新聞社文化部編集委員)

  • 観世葉子(俳優)
  • 熊倉純子(東京藝術大学准教授)

  • 住吉史彦((株)ちんや代表取締役社長)
  • 友吉鶴心(薩摩琵琶奏者)

  • 蓮見智幸(東京藝術大学教授)
  • 坂真太郎(観世流能楽師)

  • 平野真敏(ヴィオラ・アルタ奏者)

  • 顧問:浦井正明(寛永寺執事長)